「見られている意識」をお持ちですか?

片付けのお悩みを解決する
熊本 整理収納アドバイザー 木村千恵です。
片付かない、
片付けが出来ない、あなたやご家族の生活空間と日常環境を快適に整え、より豊かに「デキるわたしになる!」ことを応援・サポートさせていただいております。
是非、ご相談くださいね!


先日開催したクローゼットのセミナーでは、少ない服でも充分におしゃれが楽しくなる♪
そんなクローゼット収納とお手入れについてお話させていただきました^^


セミナー後のメンバーとミーティングの後に、あるメンバーの方からその日に着ていたスーツを褒めてくださって

「それ、どこの(ブランド)か 聞こうと思ってた!」


「木村さんは、良い素材とか、いつも身体にあったものを着てるよね?」

と言ってくださいました^^

褒めていただいたのはこちらの紺色のスーツ


アパレルで店頭に立っていた時は、お客様によく褒めていただいてたのですが、もぅ、はるか昔のこと 笑


久々に改めて言われると、なんだか照れくさくって…(//∇//)
恥ずかしい思いと嬉しい気持ちが混ざり合って、ドギマギしました💦



店頭で販売員していた時は、お客様に

「あの子、この間来た時より ちょっと太ったよね⁈」


「何かあったでしょう⁈」

といった鋭い図星の質問をされ、


「○kg落とす努力をしてちょうだい🙏」

と、致命的なお願いを部下にしたこともありました。

(自店の服がサイズアウトして着れなくなるからですが…。)



ブランドにはブランドのイメージコンセプトがあります。




そのブランドの服を着て、店頭に立っているということは、そのブランドのイメージを崩してはいけないのです。


今はどうか知りませんが、当時は販売員のことを「歩くマネキン」とも言われてました。


美しいシルエットで作られているのに、そのシルエットが消えてしまう…

つまり、商品を殺してしまうなんて、お客様の購買欲はダダ下がりですから、パッツンパッツンで商品を着るなんてありえないのです。


ですから体重コントロールが必要なスタッフには、上記に書いたようなことをお願いしてました。

「見られている意識がない」

と。


そんな厳しいことも言っていたわたしですが、今の自分にその言葉をそのまま言ってやりたいと思いました。


幸い、お褒めの言葉をいただいたのですが、最近は自己満足の中でしかファッションを楽しんでいなかった。

「見られている意識」を全く持っていなかったからです。



スーツのワードローブに関して こんな話があがりました。


スーツはセットアップで着れば、キチンと感はでますが、どれも似たり寄ったり。

写真で撮られることもあるから、

「またこの間と同じのを着てるー!」

って思われたくない。

だからついまた買いがちだけど、「スーツの着回しが出来るようになりたい」


講師としてちゃんと「見られてる意識」があるから出る言葉ですよね^^


あなたはそんなお悩み、お持ちですか?



需要があれば、スーツの着回しについていつかお話しようと思います(*´꒳`*)





片づけるキッカケがつかめない、ひとりで頑張っても失敗してしまう…

そんなあなたにオススメの講座です。

講座を通してしっかり伴走します!
お申込みはこちらからお願い致します
⬇︎⬇︎⬇︎

熊本 片づけ 整理収納アドバイザー 木村千恵

片づけのお悩みはお気軽にご相談ください。ご家庭や職場を快適な環境に整え「デキるわたしになる!」ことで個々が幸せを見出す住環境づくりをお手伝い致します。

0コメント

  • 1000 / 1000